2007年05月13日

「俺は、君のためにこそ死ににいく」を観て

今日、「俺は、君のためにこそ死ににいく」を観てきました。
映画を観ての受け取り方は人それぞれだと思いますが、私は涙をこらえて観てました。
チャンネル桜の番組や田形竹尾さんの話で、大東亜戦争末期の「特攻隊」について知っているつもりでいた自分が恥ずかしかった。

石原慎太郎東京都知事の映画の広告より一部抜粋↓
 もし若者がこの映画を見てくれるならば、自分たちが青春というかけがえのない時代を生きていることを自覚してほしい。もし自分がこの時代に生き、特攻隊員の立場だったらどうしたかと考え、自分の生き様を見直す契機になればいいとも思っています。この恵まれた時代を迂闊に生きず、もっと自分を大事にしてもらいたい。この映画を通じて「青春を鮮やかに生きろ」というメッセージを現代の若者に贈りたいと思います。(談)
 抜粋終わり

都合をつけて知覧特効平和会館に行きたいと思いました。
映画の初日は大入りのようです。↓
【映画】初日大入り!「俺は、君のためにこそ死ににいく」 興収25億円動員200万人いける
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1179000205/l50


1:れいにゃφ ★ :2007/05/13(日) 05:03:25 ID:???0 [sage]
 “特攻の母”故鳥濱トメさんの姿を描いた映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」(新城卓監督)が12日、初日を迎え、動員200万人、興行収入25億円を見込む好スタートを切った。
東京・銀座の丸の内TOEI(1)では、主演の徳重聡(28)、トメさん役の岸惠子(74)らが舞台あいさつ。
母の日を前に出演者からカーネーションを贈られた岸は「みんな、ありがとう」と感無量で瞳を潤ませた。


 徳重ら特攻隊員役を演じた一人ひとりが岸にカーネーションを渡し、握手し、言葉を交わす。
まるで戦死した若い特攻隊員たちが、母の日を前にトメさんに感謝を伝え、ついに映画が初日を迎えたことを報告するかのような光景だった。

 そんな若者たちの姿に岸は「きょうも、とっても晴れたいい青空…。
この青空のどこかで(トメさんも)喜んで見てくれているでしょう」と感激の表情。
知覧弁で「みんな、みんな、ありがとう。あんたらのおかげじゃって」と続けると、天国のトメさんの言葉を聴いたかのように、今度は徳重たちの目が潤んだ。

 同作は、太平洋戦争末期の鹿児島県知覧町を舞台に、“特攻の母”と慕われたトメさんの視点で特攻隊員の姿を描いた青春群像劇。トメさんと長年親交があり、同作の製作総指揮を務めた石原慎太郎東京都知事(74)をはじめ、出演者たちがこの作品を通して伝えたかったのは、トメさんの存在、そして若い特攻隊員たちの思いだ。

 舞台あいさつでは、会場いっぱいに集まった約500人の観客を前に、徳重が「これがこの時代の事実であって、あの時代の真実。ぜひ多くの人に見てほしい」と熱弁。
戦時体験者の岸は「私たちという国がああいう辛酸をなめたことを分かってほしい。
たかだか60年前の歴史をひもとかない国に、よい明日はないと思う」と力を込めた。

 製作側の熱い思いが伝わってか、初日の滑り出しは上々で、製作・配給元の東映によると、興収25億円、観客動員数200万人を超える見込みだという。
舞台あいさつ後、都内で行われた打ち上げパーティーでは、新城監督が「都知事選で石原さんは280万票以上とった。この作品は、全国で280万人の動員を目標にしたい」と高らかに宣言した。


http://www.sanspo.com/geino/top/gt200705/gt2007051300.html
posted by ヒゲ加茂 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41729464
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

俺は、君のためにこそ死ににいく
Excerpt: 俺は、君のためにこそ死ににいく『俺は、君のためにこそ死ににいく』(おれは、きみのためにこそしににいく)は、2007年5月12日に公開された日本映画作品。総制作費18..
Weblog: あやかの日記
Tracked: 2007-10-20 08:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。