2006年06月23日

【サッカー】W杯F組 玉田ゴールも奇跡起こらず 日本1−4ブラジルで1次リーグ敗退

【サッカー】W杯F組 玉田ゴールも奇跡起こらず 日本1−4ブラジルで1次リーグ敗退★4
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1151013039/l50


1:すてきな夜空φ ★ :2006/06/23(金) 06:50:39 ID:???0 [sage]

日本 1−4 ブラジル

1−0 前半34分 玉田圭司
1−1 前半44分 ロナウド
1−2 後半8分 ジュニーニョ
1−3 後半14分 ジウベルト
1−4 後半36分 ロナウド

W杯1次リーグF組の残り2試合が22日、行われた。
日本は先制したものの、1次リーグ突破を決めているブラジルに1―4と逆転で敗れ、2大会連続の決勝トーナメント進出を逃した。
F組のもう1試合はオーストラリアがロアチアと2―2で引き分け、初の1次リーグ突破を果たした。
F組は3戦全勝で勝ち点9のブラジルが首位、以下勝ち点4(1勝1分け1敗)のオーストラリア、同2(2分け1敗)のクロアチアで、日本は1分け2敗の勝ち点1で最下位に終わった。

決勝トーナメント進出へ、2点差以上の勝利が最低条件だった日本は前半34分、玉田(名古屋)が左からシュートを突き刺してリードを奪った。
しかし、前半終了直前にロナウドにヘディングで同点ゴールを許し、後半にもロナウドに2点目を決められるなど守勢一方だった。
2ゴールのロナウドはミュラー(西ドイツ=現ドイツ)の持つW杯通算最多得点記録の14点に並んだ。

オーストラリアは2度リードされたが、粘ってそのたびに追いついた。

▼日本・ジーコ監督の話 
前半終了間際に1点取られて、ブラジルを乗せてしまうと後半のようになる。
第1戦のオーストラリア戦の1敗が効いた。
あの負け方が痛かった。
サッカーの世界の厳しさ。
悔しいが致し方のない結果になった。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20060623000.html

前スレ
【サッカー】W杯グループF 日本VSブラジルの結果
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1151009418/l50

スレがたった時間 2006/06/23(金) 05:50:17


私からのコメント↓
僅かな可能性を信じていたが、ドイツでの日本代表のW杯が終わった。
これが現段階での世界との実力の差である。
4年後にこの実力の差が少しでもなくなる事を期待する。
posted by ヒゲ加茂 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19701262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。