2006年01月08日

支那による環境汚染

「中国でまた河川カドミウム汚染 湖南省の湘江」

中国の華僑向け通信社、中国新聞社電によると、湖南省の環境保護当局は7日、同省を流れる湘江でカドミウム汚染が発生したと発表した。一部の検査地点では一時、国家基準の25倍を超える濃度のカドミウムが検出されたという。

中国では昨年、東北部の松花江で大規模な汚染事故が起きたほか、広東省でもカドミウム汚染が発生するなど河川汚染が相次いでいる。

湘江の汚染が確認されたのは、湖南省東部の株洲市から長沙市までの間。株洲市での河川工事が原因で、付近の工場からカドミウムを含んだ汚染水が、4日から湘江に流入した。

省政府は河川工事を中止する一方、放水や中和剤の投入などを行い、水質はかなり改善したとしている。

中国では5日にも、河南省で大量の重油が黄河の支流に流れ込む事故が発生したが、中国新聞社電によると、大量の活性炭などを投入、川の水質は7日までに飲める水準まで回復した。

引用元:産経新聞−共同通信
http://www.sankei.co.jp/news/060108/kok001.htm


支那に期待する事は無理だと思うが、頼むからこれ以上、地球を汚染するなよ。
本当に、どうにかしろよ。
((((;゚Д゚)))ガクブルです。
posted by ヒゲ加茂 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 特定アジア/支那及び華僑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11455069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。